愛着心理セラピー/ゆうる~む

新着情報

2022-03-07自分軸と自己肯定感

お知らせ

 

自己肯定感とは「ありのままの自分を認める感覚」

ありのままの自分の全てを認める感覚であり、「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」だと思える心の状態が土台となります

この感覚を持てると、自分を尊重するように、他者や周りも尊重できるようになります。

自己肯定感に大きく影響するのは持って生まれた性質と、養育環境です。

ありのままの自分を知るのはとても勇気のいる作業です。

自分を知り、養育環境で歪んでしまった本来の自分を取り戻すこと。

そらが自分らしく生きるための一番早い方法です。

 

自己肯定感が高い人の傾向

・自分に対して自信と安心感があるため、周りに振り回されない。
・物事を肯定的に受け止められるので、意欲的で行動に移せる。
・自分や物事を肯定的に受け止められるので、人との違いを気にせずジャッジもしない。
・感情が安定しているので生きるのが楽で、問題解決能力が高く、失敗を成長の糧にしていける。
・自分の人生は自分で決めている感覚があり、主体性が高く、自分軸で生きられる。

自己肯定感が低い人の傾向

・不安や怖れを持ちやすく、物事を否定的に受け止めやすい。
・自分に自信がなく、受身的なため、他人の評価で自分を判断し振り回されやすい。
・自分も他人も信じていないので意見を聞いたり頼ることができない。
・他者に対して批判的傾向があり、自分がジャッジされることに不安をもつ。
・生きづらさがあり、問題解決能力が低いため、人間関係にトラブルを抱えやすい。
・人との違いを認められず、自分を正当化しないと不安になる。
・自分の人生は他人に決められている感覚があり、主体性が低く、他人軸で生きている。

 

 



まずはお気軽にお問い合わせ下さい

  • youtbe
  • ameblo