【愛着心理セラピー/ゆうる~む】

新着情報

2022-09-08思考と意識の関係

お知らせ

顕在意識と潜在意識の捉え方

顕在意識と潜在意識の関係は海に浮かぶ氷山に例えられ、自覚できる意識を顕在意識、自覚できない無意識の領域を潜在意識と呼んでいます。
そのうち人が自覚できるのは3%程度と言われています。

潜在意識には集合意識や宇宙意識も含まれ無限の広がりと力を秘めていることが伺えます。
習慣化され無意識に行動できるものは全て潜在意識の中に納められていて、愛着の土台も潜在意識に存在しています。

私たちは、集合意識や集合無意識、宇宙意識にまで広がる無限の可能性と繋がっているということであり、その人の過去の経験の全てが記憶されているとされています。

 

意識のしくみを理解しましょう。

私たちは常に様々な情報を更新しながら記憶と照らし合わせ、行動しています。

顕在意識の記憶には、願望や悩み、社会性の知識や倫理観が存在し、その情報を元に思考し最善と思われる選択をしながら日々生活をしています。その選択の回数は何万回とも言われています。

潜在意識の一番強い使命は生命維持であり、すべてはここに起因しています。

生きてきた中で身に着けた生活習慣や癖は、ここまで生きて来れた証でもあります。
潜在意識にはその習慣や記憶の良し悪しの区別はないため、現状維持こそが一番安全な生きる術だと捉えられています。

成長と共に、頭が良し悪しの判断や区別二より行動を変えようとしても潜在意識は頑として受け付けようとしません。
経験のないことに100%の安全保障はなく、命を脅かす危険が0%ではないからです。
ましてや少しでもメリットと感じられるものがある場合には確実に阻止しようとします。

人間の意識のしくみを理解したうえで、必要な準備を整えることが、生きづらさの開放へと繋がります。

もう一つの特徴として、自分自身ではアクセスできないとされている潜在意識ですが、睡眠状態や瞑想状態など、ウトウトした脳波の時にはアクセスしやすくなります。
この仕組みを活用して潜在意識にアクセスすることで、トラウマや思い込みの癒しや修正が可能となります。

 

 



まずはお気軽にお問い合わせ下さい