愛着専門カウンセリング/東京都国分寺のゆうる~む【まずはお気軽にご相談下さい】

新着情報

2022-07-29愛着障害の連鎖

お知らせ

愛着障害は自分一人の問題ではすまない

子供を愛着障害にする親もまた、自分の親から適切な対応やスキンシップを受けていないケースが非常に多く見られます。だから、いざ自分が親になったときに、どんなふうに愛情を示せばいいのか、どうやって育てたらよいのかがわかりません。
つまり、愛着障害は自分一人の問題ではすまず、「子供」 → 「孫」 にまで連鎖してしまいます。
愛着障害を克服できないまま親になると、今度は子供との関係において、その問題がはっきりと反映されてしまう・・・。この負の連鎖を断ち切るためには、どこかの代で、誰かがこのことに気づき、勇気をもって克服する覚悟を決める必要があります!

大人の愛着障害の特徴

<情緒面>
・傷つきやすい
・怒りを感じると建設的な話し合いができない
・過去にとらわれがち、過剰反応
・0か100かで捉えてしまう
・意地っ張り など

他人の何気ない発言に対して過剰に反応してしまい、傷ついてしまったり、過去の失敗や恐怖を極度に引きずってしまったりすることがあります。また、一度頭に血が上ってしまうと何に怒っているのか整理 することができず、当たり散らしてしまう。「ある・ない、好き・嫌い」など物事や人を極端に捉えることしかできない。

<対人関係>
・親などの養育者に対して敵意や恨みを持つ、または過度に従順になったり、親の顔をうかがう
・親の期待に応えられない自分をひどく責める
・人とほどよい距離がとれない
・恋人や配偶者、また自身の子どもをどう愛すればいいかわからない など

子供を愛着障害にする親のタイプ(愛着の連鎖) ←クリック

 

愛着障害の原因をもたらした養育者に対しての態度に症状が見られることがあります。
また、子どもの場合と同じように、人とほどよい距離を保つことができないため、恋人や配偶者、そして自分の子どもに対してどのように愛情を注げばいいかわからず、関係づくりに苦労することがあります。

 



まずはお気軽にお問い合わせ下さい

  • youtbe
  • ameblo