愛着心理セラピー/ゆうる~む

新着情報

2022-08-11幸せとは?

お知らせ

『幸せとは?』と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

幸せとは心と魂から湧き上がる幸福感を感じ取り認識した状態のこと。
その幸福感が何に対して湧き上がるかは、個々の好みと感性によるものなので、当然一人ひとり違います。
自分の心が何に対して幸せと感じるのか、その答えは自分の中にしかないのです。

「喜び」「感謝」「安らぎ」「愉快」「愛」「希望」などのポジティブな感情エネルギーは、生きる活力を増幅させてくれます。
人が幸せを感じるための絶対条件は生きることです。心と身体は今を生きるために常に全力で頑張っています。

 

下記は様々な研究者の声です。

◼「幸せとは、ポジティブ感情である」
ポジティブ感情とは、「愛、喜び、笑い、感謝」といった肯定的な感情です。
これらのポジティブ感情をもつことで、幸せになると言います。
ポジティブ感情は「喜び」「感謝」「安らぎ」「興味」「誇り」「愉快」「鼓舞」「畏敬」「愛」「希望」の10個の感情です。
※ポジティブ感情研究の第一人者「バーバラ・L・フレデリクソン博士」より
◼「幸せとは、遊びの感覚で夢中になれるものがあること」
時間を忘れて夢中になったり、何かに集中、没頭している状態。アスリートたちの「ゾーン」と呼ばれるような感覚。
「幸せになりたければ、何かに没頭できたり、夢中になることができる何かを見つける」こと。
そして、「それ自体を楽しめるような何かを、発見して取り組むこと」でもあります。
※フロー理論の提供者であり、心理学者の「ミハイ・チクセントミハイ博士」より
◼「幸せにおいて、他者は大切である」
他者との関わりやつながりは、人生の幸福度に大きな影響を及ぼしています。
「人が幸せを感じるためには愛が必要である」
「心から支えられていると感じられている人間関係が幸せには必要である」
※心理学者の「クリストファー・ピーターソン博士」より
◼「人間が欲しているのは、幸福ではなく、幸福になる理由である」
幸せになりたければ、人生の意味や意義、そして目的が必要だ。
この人生に求められていることは何か、人生に意味や意義を見出すことで幸せになる。
「私は、この人生で今何をすることを求められているか」
「私のことを本当に必要としている人は誰か/その人はどこにいるか」
「誰かのため/何かのために、私にできることは何か」
※精神科医・心理学者の「ヴィクトール・フランクル博士」より

あなたは、どう思いますか?

 



まずはお気軽にお問い合わせ下さい

  • youtbe
  • ameblo