愛着心理セラピー/ゆうる~む

新着情報

2022-09-01回避性愛着障害

お知らせ

親密な信頼関係や、それに伴う持続的な責任を避けます。

回避型の本質は、不安が強いとか消極的ということではなく、親密な信頼関係や、それに伴う持続的な責任を避ける点にあります。
問題やトラブルが起きても、人に相談したり、解決のための手助けをしてもらったり、ということがとても苦手なので、自分の力だけで解決しようとすることになりがちです。
その結果、孤立無援の中で、一人奮闘するということになります。

他者との親密な関係が築けていない結果、問題が発生した時に支えてもらうことができません。
その結果、ストレスがたまり精神を病んでしまうケースも多くみられます。

人と親密になるのを避け、一人を好む傾向がある。
結婚や子どもをもつことに消極的。
責任や束縛をとても嫌います

傷つくことにとても敏感です。
失敗を強く恐れる傾向があります。

子どものころに親から強い支配を受けたタイプの人は、人に甘えられない面と、親や配偶者に過度に依存してしまう面を併せ持ちます
それゆえ親離れや自立にも困難を抱えやすいことになります。
また、いじめを受けたり、失敗して恥をかいたりした体験も、回避性の傾向を強めるきっかけとなります。
こうした体験によって対人関係にネガティブな期待しか抱かなくなった結果、親密な関係を避けるような反応をしてしまいます。

親との関係性だけでなく、学校生活などでのいじめや、失敗体験が原因で人と関係性を築くことを回避する傾向が強まることもあります。

成長し社会に出ていくにつれて、その傾向が自分自身の首を絞めてしまうことにも繋がってしまいます。

 

回避性 動画 ☜



まずはお気軽にお問い合わせ下さい

  • youtbe
  • ameblo